ケータイ小説 野いちご

伝えたい思い

第1章
デート  ひなたside


そして翌日・・・

「お姉ちゃん、この服おかしくないかな?」

「はは、ひなた。デートでしょ?」

「え?!」

何も言ってないのに・・・


「わかりやすいわよ」

「や、でも付き合っては・・・ないもん・・・」

「吉野くんでしょ?」

「うん・・・」


< 89/ 307 >