ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

伝えたい思い

第1章
恋  光輝side


ほんと可愛い。

俺を見るとき、必然的に上目遣いになる。

その姿も俺の名前を呼ぶ声も全部が可愛い。



「なぁ、光輝。俺明日はるちゃんとデートなんだ!」

「は?」

「へへ、いいだろ。連絡先ゲット」


嬉しそうにいう翔太。

うっぜぇ・・・


< 69/ 307 >