ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

やっと見つけた

第1章
気持ち  心春side


「ん~・・・あれ?ここって・・・」

目が覚めると保健室にいた。

「私・・・ベンチで寝てたような・・・」


そう思いながらも体を起こすと

「え、ブレザー?」

大きいブレザーがかかっていた。

この匂い・・・

もしかして!

そう思って名前をみると

< 97/ 303 >