ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

やっと見つけた

第1章
嫉妬と覚悟  奏汰side

俺はなにやってんだ。

何度も声を掛けられる島田をみて危機感のなさに俺は怒鳴ってしまった。

こいつは何も悪くない。

天然だってわかってたのに・・・


俺は感情をコントロールできなくなっていた。

大事なやつ。

俺の初恋の相手。

再会してからも気になってようやく確信したはずなのに・・・

俺はびびって言えずに結局あいつを傷つけた。



< 91/ 303 >