ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

好きになるには理由があります(おまけの話も完結しました)

好きになるには理由があります ~おまけのお話~
ある日の支社長室

 
 

「で、日にちが変更になるそうなんですが。
 すぐに連絡が入ると思います」

 ある晴れた日の午後、深月が支社長室で陽太にスケジュールの変更を伝えていると、深月のポケットの中でスマホが鳴った。

「あ、堂端さんかもしれません。
 日程が決まったのかも」
と深月はスマホを手にした。

 が、画面を見た深月は、つい、笑っていた。

「……どうした?」
と訊く陽太に深月はスマホを見ながら言った。

「いや、鈴ちゃんがご主人になにか買って帰るものあるかってメールで訊かれて。

 あ、ちょうどよかったと思って、
『アリの巣コロリ!』
 って入れたつもりが、

『アリの巣殺す!』
 になってたって」

「あんまり間違ってない気もするが……。
 あの人、もう音声入力やめた方がいいんじゃないか?」

 っていうか、仕事しろ、と陽太に言われる。





< 488/ 511 >