ケータイ小説 野いちご

ねぇ、僕じゃダメ?

運命のいたずら

僕じゃダメだったんだ。

桃田さんを癒すのも愛するのも、、、。

いまだに忘れられないなんてな。

それだけ桃田さんとの出会いは、強烈に僕の心に深く刻まれたんだろう。



「尊?どうしたの?またぼんやりしてる」

「ん。ごめん。ちょっと考えごと。」

「私と一緒にいるのにー。誰のこと考えてたのよ。」

「昔のことだよ。もう、5年も前の話。今は伊勢さんだけだよ。」

「もう、いつまで"伊勢さん"のまま?」

「友達が長かったから慣れなくて。」

「結婚だってするのに、、、」

「そうだね。じゃあ、実可子。」

「尊、大好きだよ。」

うん。

これからは君のそばで、君だけを見てるから。


< 18/ 29 >