ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

俺は彼女に溺愛中 。

୨୧ 溺愛してるのに ୨୧⑅*

。*⑅୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧⑅*。

side . ハル



今日も俺は彼女を溺愛中。
そう、16年間ずっと。




あー、
どうしたらこんなに可愛く生まれてくんの?




マジでゆずを産んでくれたゆず夫妻に感謝。

なんて、ゆずの寝顔を見ながら考える。



俺は毎朝ゆずの部屋にゆずを起こしに行く。
もちろんそれは早起きしないといけないし

朝起きんのが苦手な俺が毎朝早起きする理由は




ーーーーこの天使を眺めるため。




「…………ハ……ル……」




ヤバい可愛い。反則。無理。
逆にこんな姿見て我慢してる俺、マジ偉い。



ゆずが寝返りすると、
少しはだけたパジャマが
ゆずの胸元をチラチラさせる。



いやいや、俺、我慢。


俺は心を落ち着かせて、
ゆずに布団をかける。



はぁ、毎朝ゆずのせいで
俺の心臓はドキドキしまくって
いくつあっても足りない。



今日も俺は彼女を溺愛中。


。*⑅୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧⑅*。

< 12/ 46 >