ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

☆服従ゲーム☆俺様王子は奴隷な私を溺愛中。

彼女の“ふり”


「ふはぁ~、
なんだかんだで、ちょっとは眠れたみたい」


まぶたをこすりながら隣を見ると、


「あれ? 一月君?」


ベッドにいた一月君の姿がなかった。


しかも……


「ん!? くさっ!」


キッチンの方から焦げ臭い匂いが。


「一月君!?」


急いでキッチンへ。


バタンッ!


「の、希望?」


一月君は黒い煙と火が出たフライパンの前であたふたしていた。

< 68/ 274 >