ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

☆服従ゲーム☆俺様王子は奴隷な私を溺愛中。

告白


その日の放課後。


一月君と一緒に帰る予定だったけれど、一月君は何か急用ができたらしく、私はひとりで先に帰ることになった。


「やぁ、希望ちゃん」
「あ、蓮君」


校門の近くで蓮君が話しかけてきた。


「一緒に帰らない? 僕、いまひとりでね」


「でも、クラスの子とかに誘われなかったの?」


「ああ、誘われたよ。何人かの女子にカラオケに行かないかって。でも断っちゃった」


「えっ? どうして?」


「希望ちゃんと一緒に帰りたくなってね」
と蓮君は私の手をとった。


「ほら、行こう。希望ちゃんとは話したいことがたくさんあるんだ」


「あっ、ちょっと」
私は半ば強引に蓮君と一緒に帰ることになった。

< 108/ 274 >