ケータイ小説 野いちご

いつか家族になる日〜嫁の再就職〜

ここまでのおはなし

【ここまでのおはなし】


高樹壮吾は、大手機械メーカーの会社員で、現在営業課長の36歳。

12年前、4歳年上(職場では6年先輩)の寧々と社内恋愛→結婚。

その後3人の子宝に恵まれるも、転勤が多く結婚後僅か4年で単身赴任になり、現在アパートで一人暮らし。

嫁と子供達は庭付き一戸建てのマイホームで暮らしている。(嫁の実家のそば)


下っ端管理職で仕事が忙しい中をほぼ毎週自宅に帰り、学校行事にはほとんど顔を出すという子煩悩な父親で、夫婦仲ももちろん円満。

結婚12年目の現在も嫁への愛情を隠そうともせず、言葉にも態度にも表すほどの嫁溺愛夫。

『趣味は家族』と豪語する大黒柱のもと、嫁は40歳、子供達はそれぞれ11歳、8歳、6歳になった。

もちろん、嫁も子供達もこんなパパが大好き。

決して裕福ではないが生活に困ってもいない自他共に認める中流家庭で、家族仲良く幸せに暮らしている。



* 『壮吾』と『壮君』はややこしいので、
『壮くん』表示にかえました。


< 1/ 47 >