ケータイ小説 野いちご

毎日、失恋。

毎日、失恋【短編】

大好きなお姉ちゃんが将来をともにしたい大切な人だと初めて家に彼氏を連れてきた日、私は失恋した。

生まれて初めて本気で好きになったのに…

せめて、思いだけでも伝えたかったのに…

思いが通じることも、

思いを打ち明けることも、

何も出来ないまま、

私は失恋した。

行き場のない思いを抱え私は後、何回胸が傷めば苦しさから解放されるのだろう。

後、何回涙を溢せば心が軽くなるんだろう。

なんで、

なんで、

私じゃないんだろう。


< 1/ 168 >