ケータイ小説 野いちご

裏表Girl

海と私とーーと



あの日から1ヶ月が経った。


今はもう夏休み。


蓮見くんと会うこともなければ、あの日から話すこともなかった。


「会いたいな…。」


知らずのうちに口に出していた言葉。


その直後、着信音と共にケータイが震えだした。


蓮見く…!!


…なんだ……、雛か…。


っ!


ダメダメ!


なんだなんて言ったら、さすがの雛も怒るよね。


私は通話ボタンを押して、ケータイを耳にあてた。



< 114/ 172 >