ケータイ小説 野いちご

雨上がりの空に咲く花

ちびの好きなひと


真剣な表情のセイカくん…

何故?そんなに見つめるの?

目のやり場に困ってしまう……



『 キンコンカン ♪ 』


「 奈々瀬? 」

「 は…はい?」

「 ここから降りれんの?」

ハッ!…

「 上がることしか考えてませんでした…… 」


あきれ顔のセイカくん


「 死んでも離すなよ 」


「 うん 」


セイカくんの背中に乗った


高い!


世界中が見えそう!


セイカくんて



優しい……




< 64/ 186 >