ケータイ小説 野いちご

雨上がりの空に咲く花

ふたつの花びら


ホームルームになると、龍咲さんからの連絡事項がメインになった。


「…という事になります!…
続きまして、体育祭で忙しいさなかではありますが、我が1の1で取り組んでいる企画があります。今から呼ばれた人はその場で起立して下さい!」

『「なにが始まるの?…」
「なんだよ…企画って?…おまえ知ってる?」
「わかんない?…」』

教室の中がザワつく

「 奈々瀬 小梅さん…」

「はい!」

「山代 絢斗くん…」

「はーい…」

「高吉 聖花くん……」

『『 「わあ〜!…高吉くんも〜?…… 」』』

「…はい…」


「 この3人と、私がメインで、学校中を華やかにする計画、花壇プロジェクトを進めています…
もし、参加したい人がいたら、私まで連絡して下さい…以上…着席…」


『『「花壇?…高吉くんがいるなら…」
「わたしも…」
「私も、やりた~い!」』』


ホームルームが終わると、 女子達はみな龍咲さんの席へ集まっていった。

「 ねえちび? 花壇計画 うまくいってないの? 」

「うん…ちょっとあってね、でも、もう大丈夫だと思うよ…そうだ!ねぇ!さよも一緒にやろうよ!今の聞いたでしょ?」


「でも あれじゃ…私が入る隙間ないんじゃない?」

「大丈夫!掛け合ってあげる、特別にね…へへッ」

「しかたない…ちびがそう言ってくれるなら
参加しようかな…よろしく御願いします!」

深々と頭を下げるさよに、私もつられて深々と…

そこへ…

「ちびちゃん達、今度は何ごっこしてるの?」

「山代!…一言、言いたいことがあって!…きのうはよくもあたしの大事なちびに!!!」

「!?エッ!…まさかちびちゃん…言っちゃったとか?…どこまで真面目なんだ…」

「そういう問題じゃない!」

「ちょっと待てよ!シーッ!ここじゃ話せない!あと…あとではなすから…ゴメン!…」

山代くんは自分の席に行ってしまった。

「くッ!、逃げられた!」

「ありがとう、さよ…でも、もういいの、
私、決めたから…」


「え!?」


自分に…素直に…

< 126/ 186 >