ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

世界No.1の総長と一輪の花

ある朝の事件





雷龍の倉庫に行ってから約1週間経って、少しずつではあるけど詩優との生活にも慣れてきた。



慣れてきたけど…この1週間……詩優が早く起きたことなんて1回もない……



1週間も遅刻して…担任に次は反省文だと言われてしまった…



今日こそは早く起きてもらわないと…!!



「詩優起きて!!!」



いつも通り声をかけても全然起きない。



こうなったら…!京子のアドバイスを試そう…!



「詩優!!私ね、彼氏できたの!!!!」



大きめの声。起きた…?




腕を掴まれて、ぐいっと引っ張られる。




そして………どさっ……と倒れる。




私はベッドの上にいて……覆いかぶさる詩優…




押し倒されてる…って理解するのに少し時間がかかった。





「…誰?」



いつもより真剣な目………その目を逸らすことなんてできなくて………「嘘だよ」と言おうとしてももう少しこのままで……なんて思ってしまった……



「…彼氏……誰?」



少し悲しそうな表情になる詩優。



「…え、えと……あ、の…実は」



罪悪感しかなくて、「嘘」と言おうと思った時に___________




詩優の顔が近づいてきて……口が塞がれた。




声が出ない……




唇に柔らかい感触。





………キス…されてる…?











< 70/ 600 >