ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

世界No.1の総長と一輪の花

雷龍





詩優と暮らしはじめて、新発見。



詩優は朝が弱い。



お弁当を作って詩優の部屋の扉をノックした。



「起きてる?」



って聞いても返事はなく…ギリギリまで寝かせておいた。



けど、もうそろそろ起きないと遅刻するんじゃないかと思いもう一度


「起きてる?」


と聞いてみた。




なんの返事も帰ってこなくて、部屋に強行突破。



詩優の部屋はあまりものがなくて、すごく片付いている。



ベッドの上で気持ちよさそうに眠っている…起こすのがもったいない気がするけど…




「起きてーーーー」



カーテンを開けて、体を揺すってみた……



けど…起きない。



「学校遅刻するよーーー」




………いつもどうやって起きてるんだろ…




「……詩優が学校行かないなら私もここで寝てやる」




ヤケになって制服のまま詩優のベッドに潜り込む。



それでも起きない………少しは起きるの期待してたのに………





「詩優のバカ」







そう呟いて目を閉じた。


< 55/ 600 >