ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

世界No.1の総長と一輪の花

2回目の





___________次の日



痛みに耐えながら通学路を歩く。



腹部には何重にも包帯を巻いて、血が滲まないようにしている。



……あの人のワイシャツ……買ってから行こうかな…どうせもう遅刻になるし…



私はそう思い、制服関係の衣類が売っているお店に入った。






ワイシャツを買って、学校に向かう途中で…



激痛……昨日切られたところが痛い…



もう耐えられないかも……学校に着いてないのに…



腹部をおさえてそっとしゃがみこむ。



……帰ろうかな…



「大丈夫!?」


男の人の声…



前を見たら…昨日助けてくれた男の人の顔…



「どこか痛いの!?」



私の前にしゃがみこんで……



思わず涙が溢れてしまった……



「え!?大丈夫か!?」



本当は泣いちゃいけない。泣いたら困らせるだけ。それはわかってるのに…



涙は止まらない



「…ごめ……なさい……」



慌てる男に私は声を振り絞って言う。





< 24/ 600 >