ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

世界No.1の総長と一輪の花

新学期と波乱の予感




あれから雅さんは倉庫に来なくなった。


そして新学期がスタートして、私、京子、明日葉は4組に。詩優、倫也、竜二さんは1組になった。


京子と明日葉と同じクラスになのは心強いし、すごく嬉しい。けど…詩優たちとクラスが離れたのは寂しい……なんて少し思ったり。


今までだって同じクラスではなかったけど、隣のクラスだったからそれなりに会うことはあった。その回数も減ると思うとなんだかなぁ…


「あっ!!君は!!」


新しい教室に入ると、クリーム色の髪の毛の男に手を掴まれた。


絵本の中の王子様みたいな人……


私はすぐにコンビニでのことを思い出した。たぶんぶつかった人…


女の子3人と仲良く話していたみたいでその子たちは私に視線を移す。


「良かったら君も僕と一緒に話さない?」


にこっと笑いかけてくる男。周りの女の子たちは気にしていなさそうだけど……さっきからすっごい見られてる…


「……あ、の……」


できれば手を早く離して欲しい。





「うちの子に触るとこわぁーい男が怒るから離して?」






京子がそっと目の前の男の方に手を置いた。




「妃芽乃さんフリーって聞いたんだけど」


…フリー?


手がそっと離された。すぐに明日葉に後ろに手を引かれて、目の前の男と距離ができた。


「花莉はそのうちフリーじゃなくなると思うわ」


京子が目の前の男にそう言うと「行きましょ」と教室の奥に足を進めた。








< 117/ 599 >