ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

ダークサイドのすれすれを、今日も誰かが走っていった

ダークサイドのすれすれを、


今日も誰かが走っていった。


他人のことなんか気にかけていられない。


自分の機嫌をとるだけで精一杯。


本当は悲しいし、泣きわめきたい気分だが


こうしてニコニコ笑顔でいる。


なぜって、周りに迷惑を掛けるなって、


説教されてしまうもの。


だから、こうして笑っている。




ダークサイドのすれすれを、


今日も誰かが走っていった。


何かあったら言ってね、相談してね。


とても優しい言葉だが、


いざと言うときは何も話せない。


もう大丈夫じゃなくなってる時は大抵、


分かってもらえない、理解してもらえないって


独り善がりになって、


殻に閉じ籠ってしまっているから。




ダークサイドのすれすれを、


今日も誰かが走っていった。


明日のことなんかもう考えたくない。


どうにもこうにも八方塞がりで、


今日を生きるのが精一杯になる。


死ぬことなんて考えたくない。


必死に考えないようにして、


応援ソングを聞いて、励ましのポエム、名言を見て


希望や夢はまだあるって自分に言い聞かせている。




ダークサイドのすれすれを、


今日も誰かが走っていった。


ポジティブに、前向きにって言われても


落ち込むときは落ち込む。


憂鬱な気持ちになるのはもちろん嫌だが、


本当の気持ちを押し込めて、


無理に明るく振る舞うほうが


よっぽど辛い気がする。


だからネガティブな時はネガティブでいいや。




ダークサイドのすれすれを、


今日も誰かが走っていった。


全力疾走は良いけれど、


転落にはご用心。



< 1/ 1 >