ケータイ小説 野いちご

天然たらしが本気を出す時。




で、でたああ!!

女子が大好きなやつ!


すぐそうやって人の恋路に手出したがる!


勘弁してよ。

私のメンタルすでにえぐられてるのに
さらにぐりぐりきますか?えぇ?




「私なんかじゃ役に立たないと思うよ~」


へらへらっと笑いやんわりと
やらないアピールをする。





ここでね

『いやだよ 自分の恋くらい自分で頑張って』

って言えたら、そう思うけど




無理だよ!出来ないよ!

ヘタレなめんな!




「そんなことないよっ、小菜ちゃんが協力してくれるっていうだけで頼もしいし…」



麻里ちゃんの大きい瞳が私を映す。




麻里ちゃんと堀北か…。

堀北は別にイケメンってわけじゃないけど
クラスの人気者同士でお似合いだよな。




「そうだよ~協力してやりなよ」

「うんうん、小菜ならできるって」


何を根拠に…!コノヤロウっ!




ああ、それにしてもやばい。
嫌な雰囲気になってきた。


早くこの話切り上げないと、そう思った瞬間









「迷惑じゃなければ協力、してほしいな…。
ダメかな?」




麻里ちゃんにぎゅっと手を掴まれてしまった。

いや、握られてしまった。ぎゅっと。




肌、白い。
やわらかい。











「…うん、私でよければ」






私の手と全然違う。











< 9/ 189 >