ケータイ小説 野いちご

天然たらしが本気を出す時。

不穏な空気
4









少し寝てから、頭の痛さで目が覚めた。


ゆっくりと目を開け、真っ白な天井を見てから窓の外に視線を向ける。


…日が落ち始めて
部屋がオレンジ色に染まっている。




そして、またベットに視線を戻す。

そしてため息をついた。





こんなはずじゃなかったんだけどなあ。




もういいや。

もう一度寝よう。





そう思い目を閉じようとしたとき
トントンッとドアをノックする音が聞こえた。





< 175/ 189 >