ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

天然たらしが本気を出す時。

不穏な空気
2


















ただいま麻里ちゃんとカフェなう。



「今日なら行けそうかな?」

という麻里ちゃんの言葉により、彼女とカフェに来てしまった。やばい、緊張する…!



このカフェは、バームクーヘンが美味しいことで有名なのだ。さっぱりしたバームクーヘンの上に甘い生クリームとアイスがのっていて美味しいと評判がいい。

パンケーキに飽きた女の子達がここに集まるのだとか。

さっき慌てて調べたんだよ。


麻里ちゃんを連れていくんだもの!

変なとこ連れていけないでしょう!!




< 114/ 189 >