ケータイ小説 野いちご

妄想少女とギャップ王子

妄想彼女とギャップ彼氏



✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱


「ほんとに良かったの?」


帰り道、私の顔を覗き込む蒼真。


「え!うん。あれで良かったの!」


「そっか。」


私が笑うと、蒼真も笑ってくれた。


「ちなみに、今日家よる時間はある?」


今日…


「用事はないけど…?」


「この間はイチャイチャ出来なかったから。
今日リベンジ。」


いい?と可愛く首を傾げる蒼真。


だ、ダメなんて言えないよ!!!



< 143/ 147 >