ケータイ小説 野いちご

闇に溺れて、秘密のキスを。

異変





夏休みが明け、始業式であるこの日。


「白野さん」

いつもの乗り換えホームで、大好きな人が私の名前を呼んだ。


「……っ、神田くん…!」

嬉しくて思わず頬が緩み、神田くんに駆け寄る。


実は神田くんの家に泊まってから、一度も彼に会えないでいたのだ。


そのため今日が久しぶりに彼に会える日で、嬉しくてたまらない。


「久しぶりに会って早々、その笑顔はなしなんじゃない?」

「へ……」
「もー、なんでもない」


彼は少し不服そうに話し、私の頭を撫でた。


「前髪、切った?」

少し髪が崩れてしまったため、手ぐしで整えていると、彼は前髪を切ったことに気づいてくれたようで。


「うん、切ったんだ。一昨日くらいに。
いつもより神田くんの姿がはっきり見えるや」


前髪はこまめに切るタイプではないため、アイロンで巻いたり横に流したりすることが多い。

今回も久しぶりに切ったのだ。


「俺も白野さんの表情がはっきり見えるよ。
……かわいい、幼くなったね」


じっと見つめられたかと思うと、神田くんに小さく笑われてしまう。

バカにされたようで、なんだか不満だ。


「どうせ子供顔ですよーっだ」

少し嫌味っぽく言ってやるけれど、神田くんはさらに目を細めて笑ってくる。


「そんなかわいく拗ねたって無意味なのに。前髪を切っても切らなくても、どんな白野さんでも俺は好きだよ」


「……っ」


好きだなんてさらっと言い、私を照れさせてくる神田くんは相変わらずだ。


< 420/ 530 >