ケータイ小説 野いちご

闇に溺れて、秘密のキスを。

高糖度




どのくらい眠っていたのだろうか。

特に起こされるわけではなく、何かに引き寄せられるようにしてゆっくりと目を開ける。


「……あ、やっと起きた」


すると頬を誰かに突かれるような感触がして。
確かめるようにそちらに目線を向ける。

まだぼんやりとする中、視界に映ったのは───


「……っ、か、神田く…!?」


ベッドに横になり、頬杖をつきながら私のほうを見ている神田くんの姿があった。


「おはよう、白野さん。
よく寝ていたね」

「……へ、今何時…」
「朝だよ」

「あ、さ……え!」


神田くんの言葉に焦り、起き上がろうとしたけれど。


「動いたらダメ」

神田くんがそれを許してくれず、頬杖をつくのをやめて私を抱きしめる動作へと入った。


「え、だって朝…」

もしかして、あれから朝まで寝ていたというのか。


それは一大事だった。

家族にも連絡していないし、朝まで神田くんのベッドで寝ていただなんて失礼極まりない。


「……ふっ、そんなに焦って。
大丈夫だよ、嘘だから」


かわいいねと言いながら、私を抱きしめたかと思うと今度は頭を撫でられる。

嘘…?
神田くんは今嘘ついたの?


「じゃ、じゃあ今って何時?」
「んー、夕方の6時ぐらいかな」
「ろ、6時!?」


夕方の6時ぐらいだったとしても、結構寝ていたことになる。

お昼過ぎにここへ来たわけだから、すでに長居してしまっている。


< 394/ 530 >