ケータイ小説 野いちご

闇に溺れて、秘密のキスを。

無知の世界




まるで目覚ましの代わりかのように、朝から騒がしいセミの鳴き声で目が覚める。

時計を確認すると、アラームをセットした時間のちょうど5分前だった。


重い体を起こし、ベッドからおりる。


夏休みに突入して1週間が経った今日。
私は夏期講習を受けるため、まだ学校があった。


「……あ」

制服に着替える前に、なんとなくスマホを確認すれば、神田くんからメッセージがきていて。


どうやら彼は今日、用事があるため夏期講習に参加できないらしい。


夏休みに入ってからも朝は神田くんと一緒に行っているため、会えないとなると寂しい気持ちになった。

けれど用事があるのなら仕方がない。
今日は我慢しようと思い、彼に返信した。


「未央、また今日も家にいないのか!?」
「わっ…お兄ちゃん……」


今日も相変わらず、ノックをしないで私の部屋へと入ってくるお兄ちゃん。

もちろん大学生であるお兄ちゃんも夏休み中だったのだけれど。


私が毎日夏期講習に行っているため、寂しいと毎日嘆かれていた。


「仕方ないもん、将来のために勉強しないと…」
「俺が教えてやるから!だから今日は休もう」

確かにお兄ちゃんは賢い。
けれどお兄ちゃんと勉強だなんて、できないのはわかっている。


何度か頼んで教えてもらったことがあるけれど、シスコンが発動されて中々勉強が進まなかったのだ。


「ううん、学校に行くの」

迫ってくるお兄ちゃんを振り切ろうと思い、鞄を持って部屋を出た。


< 312/ 530 >