ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

闇に溺れて、秘密のキスを。

誤解




機嫌が良いのだろう、鼻歌が洗面所から聞こえてくる。
今にもスキップしてしまいそうなぐらいのテンションだ。


「マイハニー!準備はできたか…」
「その呼び方やめてよお兄ちゃん!」

今日は休日で、珍しくお兄ちゃんとお出かけする。
たまたまふたりとも観たい映画が同じだったからだ。


「だって今日は未央とデートなんだぞ」

語尾にハートマークがつきそうな勢いで話すお兄ちゃん。
妹相手に何を言っているんだ。


「それに未央が俺のために…俺のためにフリフリのワンピースを……!」


キラキラと目を輝かせながら、私の服装をジロジロ見てくるお兄ちゃん。

もうこれは引くことしかできない。


「お兄ちゃんのためじゃないもん。
やっとワンピースが着れる時期になったの!」


梅雨が明け、本格的な暑さが訪れようとする7月上旬。

その上今日は天気もいいため、ワンピースを着ることにしたのだ。


日焼けを気にする私は、ワンピースの上に一枚、薄手のカーディガンを羽織る。

暑いけれど、日焼けしないためにこれぐらいは我慢しないといけない。


< 279/ 530 >