ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

闇に溺れて、秘密のキスを。

空き教室




月曜日。
ついにこの日がやってきた。


「あら、未央。
すごく嬉しそうな顔してどうしたの?」


朝から上機嫌な私に、お母さんが笑いかける。


「なんでもないよ」

なんて言うけれど。
実は今日、とても楽しみで嬉しいことがあった。


それは神田くんが学校に来ること。

彼の言った通り、月曜日から来れるようで。
前日である昨日の夜にメッセージが届いたのだ。


それから途中の駅から一緒に行こうとも言われ、朝から私の頬は緩い。

神田くんと会えるとなれば、不思議と明るい気持ちになれる。


ヤクザの若頭であると聞いて、驚きもあるけれど。

それ以上に彼と会えることが何より嬉しくて、そこまで気に留めていなかった。


「未央、よかったな。
やっと友達が来るんだよな」


洗面所に行って準備をしていると、今度はお兄ちゃんに声をかけられた。


「そうなの!」


お兄ちゃんには相談に乗ってもらっていたため、彼と連絡がとれて月曜日から学校に来ると言えば、安心したように微笑んでくれた。

その時は兄らしく、いつものふざけた様子はなくて。


もちろん“彼”ではなく、“友達”と濁してはいるけれど。

もし言ってしまえばお兄ちゃんがどうなるかって、容易に想像できるから。


< 243/ 530 >