ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

闇に溺れて、秘密のキスを。

見え隠れ




時間が経つのは本当に一瞬だった。
そして1時間ほどだった時。


「……あ」

未だ神田くんに後ろから抱きしめられていると、スマホが振動した。

メッセージを確認したところで思わず声を漏らしてしまった私。


「どうしたの?」

神田くんの声に、慌ててスマホの画面を下に向ける。


「な、なんでもないよ……!」
「…それはすごく怪しいね」


私の行動を見て、神田くんに怪しまれてしまう。


「あ、あの…」
「うん」

「家族が心配してて…連絡するの忘れていたから」


神田くんと早く会いたいという気持ちが強くて。
連絡が来るまですっかり忘れていた。

その連絡相手とはもちろん───


お兄ちゃんである。

親が時間にうるさいのはよくあることだけれど、私の場合特殊で。

お兄ちゃんがすごく心配性な上に時間にうるさい。


両親は仕事で遅くなる日が多いため、夜までお兄ちゃんとふたりがほとんどの中。

私が少しでも連絡をせずに遅くなれば、とても心配されるのだ。


まだまだ外は明るいというのに。


< 202/ 530 >