ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

君が可愛すぎるから




日にちが過ぎるのは早く、あっという間に夏休みに入った。



夏休みという長期の休みに入ってしまうと、凪くんに会うことができないはずだったのに、これから補習という名目で週三日だけ会うことができる。


不謹慎かもしれないけど、補習の対象になってよかったと思ってしまった。



そして今日は、さっそく補習の初日。


補習の時間は午前十時から午後の二時まで。
お昼に一時間休憩を挟んでいいことになっている。



浮かれた気分のまま家を出て学校に向かい、
教室に着いたのは午前九時四十五分。


誰もいない教室は閉めきられていたせいで、蒸し暑い。


すぐに窓を全開にして、教室に風を通す。


窓から入ってくる心地いい風が、
カーテンを揺らした。



「楽しみだなぁ……」


窓のそばに立って外を見ながら、自然と口元が緩んでしまう。


勉強は嫌いだけど、凪くんと一緒だったら頑張れる気がするから。


< 30/ 94 >