ケータイ小説 野いちご

広瀬くんは、いっぱい食べる私が好き

卵焼きと告白

放課後。

吹奏楽部の弥生と別れ、ひとりで廊下を歩く。

ちなみに私は『製菓同好会』という、お菓子を作って食べるクラブに所属している。

が、週に一度しか活動がないので、今日はそのまま帰宅だ。

(んー。今日は時間あるし、なにか食べて帰ろうかな。クレープとかー、ソフトクリームとか)

いや、それよりガッツリ唐揚げとかもいいかもしれないな。

 

……なんて少しワクワクしながら靴箱についたとき

「日下部さん」

「!……あ、ひ、広瀬くん」

なんとビックリ。

広瀬くんに声をかけられた。

クラス委員の彼は放課後も仕事があるようで、脇に大きいファイルを抱えている。

少しだけ息があがっているように見えた。

……もしかして

私を追ってきてくれたのだろうか。

(い、いやいやまさか……ね)

うぬぼれた気持ちをくるりんとクレープみたいに丸めて心の奥にしまった。

「日下部さん、いま帰り?」

「うん。広瀬くんは委員の仕事みたいだね」

「ああ……うん。そうなんだけど。実は日下部さんに話があって……」

< 14/ 53 >