ケータイ小説 野いちご

お嬢様。この私が、“悪役令嬢”にして差し上げます。

第3章*さぁ、真の黒幕に反撃開始と参りましょう。


**


「わぁ!このスコーン、美味しい!」


「こら。一度ケーク・サレに手を出したら、下には戻らない。没収。」


「そっ、そんなあ!」


ーー優雅なアフタヌーンティー。

…とは到底呼べないマナー講座。


城での舞踏会を終えて一週間が経ち、戴冠式まで折り返し地点となった今日。

レッスン用にと、燕尾服を着たメルさんが、私の隣で檄を飛ばす。


「ニナ。カトラリーの作法は基本だよ。落ちたフォークは拾わない。…はい、減点。ナイフを持ったままナプキンで口を拭かないで。タブーだから。」


なんとか彼に認められたらしい私は、ここ一週間、ほぼ付きっきりでマナー講座を受けているが、蓋を開ければダメ出しの嵐。

サポートをするアレンも、度々立ち振る舞いの指導を受けているようだ。


(全国のお嬢様って、こんなことまで勉強してるの…?!ご苦労様だわ…)


「はい。コース料理の復習。アミューズの後に出てくるのは?」


「え、ええっと…、パン!」


「ぶー。オードブルだよ。前菜をすっ飛ばさないで、お馬鹿さん。」


< 83/ 164 >