ケータイ小説 野いちご

元姫と隠された真実Ⅱ

3章
絶対に会いたくなかった人

【沙羅side】


今は、学校にいる。


「沙羅ちゃん、ごめんね!」


「私達、明日香ちゃんを信じて沙羅ちゃんに酷いことをした・・・。」


「本当に、悪かった。」


朝から、学校中の人に謝られてるんですけど~。


意味わかんない。


前まで、明日香だけを信じて疑いすらしなかったくせに。


・・・まぁ、いいけどさ。


別に、終わったことだし。



< 97/ 139 >