ケータイ小説 野いちご

無気力オオカミくんは、私だけに夢中。

キス魔なオオカミ



.

.




今朝、あんなやり取りをしたから、てっきり西野はサボると思ってたけど、
朝のホームルームが始まる前には、何食わぬ顔で隣に座ってきた。


1限目なんだっけとか、他愛もない話題を振ってきて、私は冷静をよそおって受け答えをする。


……ふつうすぎる。



それから授業が始まっても、西野は教室を出ていくことなく、ちゃんと椅子に座ってノートを開いた。


そして驚くことに、真面目に板書を写していた。



「西野って案外、真面目なの?てっきり寝るかと思ったのに」



思わず話しかけると、目を細めて小さく笑う。



「案外って、なにそれ。授業出るからにはちゃんと受けるよ。じゃないと時間のムダでしょ」

「へぇ、そっか……。じゃあ毎回、休まずに出ればいいのに」

「気分ってのがあるじゃん?」


しっかりしたこと言ったかと思えば、やっぱりテキトーだった。

そうだそうだ。

この人って気まぐれだった。


< 51/ 332 >