ケータイ小説 野いちご

無気力オオカミくんは、私だけに夢中。

合コンとオオカミ





.


.





次の日、西野は学校を休んだ。

さらに次の日も。



体調、悪化してるのかも。


西野には悪いけど、顔を合わせなくていいから私は正直助かる。





「隣がいないと寂しいでしょ~」



水曜日のお昼休み。


空いた西野の席に座った鈴ちゃんが、パックジュースのストローを取り出しながら話しかけてきた。




「落ち着いて授業受けられるから悪くないよ」

「え~?イケメンが隣なんて、ウチならモチベ爆上がりなんたけどなあ」

「イケメンすぎてイヤなの……。隣ばっかり気にしちゃうし」



視界の端に光に当たった綺麗な髪が映るんだよ。

西野が動くと、ふわってしつこくない甘い匂いがするんだよ。

授業妨害だよ。




「彼氏がいれば、こんなに西野のこと考えなくて済むのにな」



何気なくつぶやいた私を見て、鈴ちゃんがキラッと目を光らせた。

えっ、なに。




「そんな利奈に、朗報でぇす!」

「ろーほー?」

「合コン!今週の金曜日にあるの、人足りないんだって。ぜひ行ってみよう~!」


< 110/ 332 >