ケータイ小説 野いちご

鷲高の王と囲われ司書

守ってやるよ



矢吹くんの「提案」を断ってから4日が経った、勤務が始まって2週目の金曜日。

「と‥‥とりあえず、一週間終わるー‥‥」

あと小一時間で勤務時間も終了、という時間帯になって、私はため息をつきつつ、カウンターに突っ伏した。

矢吹くんと話したあの日から、ずっとピリピリ緊張しながら、日々の仕事に従事していた。
常に唐辛子スプレーや防犯ベルを持ち歩き、何かあったらすぐに取り出せるよう身構える日々。

‥‥けれど、予想に反して、この4日間は平和で、図書室でも校内でも、特に危ない目に遭うことはなかった。

「‥‥まあ、そもそも図書室に誰一人来ないんだけどね‥‥」

私がこの学校に着任してから、図書室にやって来たのは、初日のあの子たちと、矢吹くんだけ。

手持ち無沙汰なので、毎日ポップを書いたり、落書きされた本を綺麗に修復したり、書棚の配置を工夫してみたりと、色々やってはいるけれど、来る生徒がいないんじゃ意味がない。

「‥‥でも、まだ2週間だし!これからこれから!」

自分に言い聞かせるように呟いて、新刊コーナーの整備でもしようと立ち上がると、急に図書室の扉が開いた。



< 30/ 218 >