ケータイ小説 野いちご

学年1のイケメンが探してる美少女は うちの弟です

5 距離



………

……




予鈴が鳴るまで、あと8分くらいだろうか。

私は今、校舎の隅の……あまり人が来ない場所のトイレに居た。

正確には、「連れてこられた」だ。



「ここなら誰も来ないし、ゆっくり話せるね」



目の前に居るのは、同級生の女子3人。

みんな笑みを浮かべてるけど、私に敵意があるのがピリピリと伝わってくる。


全員 別のクラスだし、去年一緒になった子も居ないから……名前は全然わからない。

にも関わらず、向こうは私のことを知ってるらしい。


……昨日のことがあったから調べたのかな?

もしくは、数日前にトラくんが私を呼び出したところを見ていて なんとなく覚えてた…とか?

まぁどっちでもいいか。

というか、どうでもいい。

向こうもそう思ってるはずだ。


だって向こうが聞きたいのは、「昨日 マルとトラくんと一緒に電車に乗ってた理由」なんだから。



「私たちね、昨日電車に乗ってたの。 そうしたらマルとトラくんを見かけたんだ」



……同じ学校の人たちが乗ってたら嫌だな、って思ってたけど、やっぱり居たか。

しかも この子たちは二人のファンらしいから……1番面倒臭いことになってしまった。


< 96/ 260 >