ケータイ小説 野いちご

スイーツdeデート小説ー大学院生の彼と



平日の午後4時頃、吉祥寺駅北口の東急百貨店。
混雑しがちな夕方とはいえ、平日だから吉祥寺もまだそんなに人も多くなくて、落ち着いている。

『早く着いちゃったから、1階の化粧品見て待ってるね』
『わかった。あと5分くらいで着くから待ってて』

ついさっき送ったラインはすぐ既読がついて、彼からの返信が来た。
なるべく可愛めな「OK!」のスタンプを返して、あまり縁のない高級化粧品売り場を眺める。

(‥‥会うの久々だし、なんか緊張するなぁ‥‥)

この春から大学2年生で、まだ就活も卒論も先の話な私と違って、彼は理系の大学院の修士2年生。
毎日実験や課題に追われているようで、大学に行かない日も塾講師のバイトで忙しそう。
それでも今日みたいに、ゼミの後などにちゃんと時間を作ってくれるのは、すごく嬉しいしありがたい。

メイクとか変じゃないかな‥‥と、化粧品売り場のあちこちに設置された鏡でさりげなくチェックしていると、後ろからぽんと肩を叩かれた。

「‥‥お待たせ。ごめんね、けっこう待った?」

振り向くと、急いできたような様子の彼が、少し申し訳なさそうに立っていた。

「ううん、全然‥‥っていうか、まだ約束の時間の前だし、私が早く来すぎちゃっただけ」
「そう?なら良かった」

安心したようにそう言って、「久しぶりだね」と笑う彼の笑顔が眩しい。
有名大学の大学院生なのに、全然それを鼻にかける様子がなくて、いつもニコニコしている彼の笑顔が好きだ。

「行きたいって言ってたの、ここの3階だよね?」
「うん、果実園リーベルっていうところ」

忙しい彼だから、普段はお互いの家を行き来して、夜ご飯を一緒に食べたりすることが多い。だから、付き合って3か月が経つけど、あまりデートらしいデートはしていなかった。
それを気にしてか、『今度の水曜はゼミの後早く帰れるから、どこか行きたいところがあったら一緒に行こう』と言ってくれた。
とはいえ、私も都心の人混みはあまり好きじゃないし、私の大学からも彼の家からも近くて便利な吉祥寺で何かないかな‥‥と考えた時、思いついたのが、東急百貨店に最近できた「果実園リーベル」だった。


< 1/ 5 >