ケータイ小説 野いちご

【完】秘密ですよ。






今日最後の授業、

体育が終わり各々帰っていく。



「さーちゃん♪着替え行こ〜」



私の可愛い友達、

かなだ。



「うん。」



帰ろうとしたが、

体育館を出ようとすると呼び止められた。



「原さん!体育係だったよね!


ちょっと手伝ってくれない?」



「あ、はーい。


ごめんかな、ちょっと行ってくる。」



不貞腐れるかなに謝りながら、

先生の元へ行った。



「速水先生、

何するんですか?」



「あ、ごめんね、ありがとう。


この大きいの何個かあるでしょ?


それを今日中に外に出さないといけなくて。」



「え、急ですね。」



「そうなのよ。


体育の先生がインフルで、

今日から来てないでしょ?


それで私に回ってきたんだけど。」



速水先生はガックシと肩を落とした。


まぁ、確かにこの大きいのを、

女の人一人では無理だよね。



「よし、速水先生。


さっさと終わらしましょう。」



速水先生の顔がパァっと明るくなる。



「ありがとうー!」



満面の笑みを見せる先生は、

とても25歳とは思えないほど、

幼く見えた。



「じゃあそれからやりましょうか。」



「はーい!」



私が言うと、先生が返事した。



これじゃあどっちが先生やら分からないな。



私はそう思いながら体を動かした。








< 1/ 5 >