ケータイ小説 野いちご

一匹狼 & 乱奏 & 緑龍 〜光へ導くその心〜


* 双子 *

〜 奏side 〜


俺の名前は蒼咲奏。


世界No.1『乱奏』の総長をしている。


さっきまで屋上にいたけど、風が強くなってきたから音楽準備室に来た。


薫「ねえー!それ、僕のお菓子なんだけどー!!」


信広「あぁ?別にいいじゃねーか。菓子の一つくらい。」


薫「よくないし!!」


優「奏、これから倉庫行く?」


「あー、そうだな。行くか。」


副総長の優は本を読みながら聞いてきた。


幹部の薫と信広はいまだに菓子のことで揉めている。

< 62/ 74 >