ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

『実話』手を伸ばせばいつでもそこに光があった。

episode 1













〜episode 1〜







あんな毎日が待っていたなんてこの時の私は想像できなかった。





私は何を間違っていたのかな…





どうしたらこんな思いをしなくて済んだのかな…





学生時代の苦く苦しい私の思い出。












< 3/ 235 >