ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

もう、我慢すんのやめた

Ꮮᵒᵛᵉ ⃛❥1
よろしく、転校生くん。


カラッとした風が窓から教室に流れ込んで、胸まである私の黒髪を揺らした。


───もう、すっかり夏の匂いがする。



「よろしくね、佐倉くん」


私、松永 芽唯(まつなが めい)。
高校2年生。


今日、私たちのクラスに転校生がやってきた。
席は窓際の一番後ろ。


そう、私の隣。


ベタだなぁと思いながらも、席に向かってゆっくり歩く転校生の佐倉 海登(さくら かいと)くんを目で追って、


席に座った佐倉くんに笑顔で声をかけた。


「隣の席だし、分からないこととかあったら何でも聞いて?」



明るい茶髪が、ふわりと揺れて。

窓から流れてくる風に乗って、佐倉くんの柑橘系の爽やかな香りが広がった。


───いい匂い。


香水かな?
男子でも、香水とかつけるんだ……。
佐倉くんもしかしてオシャレ男子??

クラスの男子なんて、みんな汗臭いイメージしかなかったのに。


「あ、教科書とかある?もしなかったら、」

「……いい、いらねぇ」

「え?」

「そういうのいいから。俺に構うな」


ピシャリ!と、心のドアを閉められたような言葉に、一瞬フリーズする。


何?このスカした転校生。

< 1/ 233 >