ケータイ小説 野いちご

新堂三兄弟のお姫様

幼馴染じゃいられない


だから、ちゃんと伝えなくちゃ。
喜野に伝えよう。私の気持ちを。

幼馴染じゃいられなくなるかもしれない。
だって、私はこれから
喜野を傷付ける。

私が教室へ行くと喜野は
今日も水瀬さんと一緒にいた。

告白もされていないのに
こんな事、伝える方が変かもしれない。
だけど、どうしても言いたかった。
今のまま喜野を避けるのは嫌だった。

仁野は言ってた。
中途半端な優しさは相手を傷付けるって。
だったら、嫌われてもいいから...
私はちゃんと喜野に伝えなくちゃ
ならないと思った。

妃乃「キノ。少し話せる?」

喜野「うん、いいよ。」

< 80/ 155 >