ケータイ小説 野いちご

いつでもきみのそばに

序章



「ねぇねぇ、わたしって何色のイメージ?」


「突然どうした?」


「なんとなく、大ちゃんからみたらわたしって何色なんだろうって」


「んー、黄色とかオレンジ系、かな」


「どうして?」


「どうしてって・・・舞は俺にとって太陽みたいな存在だから」


「そっかー、太陽、か。大ちゃん、ありがとね」


「なにかあった?」


「ううん、大丈夫」


「そっか、でもなにか困ったことあったら俺にいえよ」


「うん」


< 1/ 168 >