ケータイ小説 野いちご

元姫と隠された真実。

1章
出会い



ある日、私は夢を見た。


『お前なんか、死ねばいい。』


そんな声が、聞こえた気がした。


私は、勢いよく起きた。


額には、汗が流れている。


嫌な、夢を見た。


私は、暗い気持ちを変えるために外に出た。


1人が、どうしても寂しくて人が多い繁華街に出た。


「キミ、一人~?」


「危ないよ~。」


「俺らと一緒に居ようぜ~。」






< 12/ 154 >