ケータイ小説 野いちご

クールな北原くんの、右手になった私

体育でドキドキ

体育の授業中、右手をケガしている北原君は見学をしていた。


私たち女子はバレーボールで男子はサッカーをしていて隣のクラスとの合同体育だった。


彼は眠そうにぼんやりとしていて、木陰で座っている。


北原君のほうをチラチラ見ていた私は、隣のクラスの一ノ瀬君とパチリと目が合った。


一ノ瀬 君は爽やかに、だけどはにかみながら笑いかけてくれる。


彼は1年生の時、私とは同じクラスで1年間、一緒に学級委員をした仲だった。


私もちょっと笑顔をむけると、彼が走ってこちらに来てくれた。


これから、うちのクラスとサッカーの試合をするみたい。


「月島さん、元気?」


「あ、うん。一ノ瀬君は?」


「うん元気だよ。これからサッカーの試合なんだ」


< 42/ 303 >