ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

私の彼氏

「やっと2年だー!!!」
と、スクールバスから降りたわたしは、
クラスの表を見に、校門へとダッシュした。
1組 には私の名前はなく、
2組の表を見る。
そこに、
前田絵美
と、最後から2番目にやっと私の名前が出てきた。
そして、私の次には
宮里 智絵里 とゆう 可愛い名前の女の子の名前があった。




教室に着くと、

黒板に書かれている座席表を見て

1番後ろの席に座った。
となりの席は、
クラス表でみた、
智絵里ちゃんで、

「よろしくねっ!」

と声をかけると、こっちを見て、

「こちらこそよろしく〜」

といった。
その顔は可愛すぎてキラキラと輝いていて、
眩しいほど!

最初の授業は定番の自己紹介。

番号順で、最後から2番目に だったから
順番は最後の方ーやったー



「どーせちゃんと自己紹介聞いても名前覚えられないし〜寝とこー」

とゆうことでねると、

急に

「えみちゃん!
次はえみちゃんだよ!
起きて〜」
と、

智絵里におこされて、
適当に


「えーと
まえだえみです

体育が好きです!

好きなことは遊ぶこと。

嫌いなことは勉強です!!

好きな食べ物は、、

嫌いな食べ物以外です!」

というと、

みんな笑うんだけど!!

おかしいかな〜??

先生が

「次は智絵里ちゃんです」
といった。

ちえりは立って、

「宮里智絵里です。

家庭科が好きです。

好きなことはお菓子作りです。

嫌いなことは友達ともめることです。

これから1年間よろしくお願いします」

と可愛い声でいかにも女子らしい自己紹介!!やっぽ美少女は違うよなー

とか思ってたら、次は男子の番!

男子の自己紹介が終わった頃 、

隣の席のちえりちゃんが、

「あの2人の男子かっこよくない!?」

とそこを見てみると、

「中村瞬(なかむら しゅん)てゆー男子と、

その後ろの席の

神谷 和希(かみや かずき)

てゆー人!!」

「まぁ言われてみればそんな感じもしなくもないかなー??

< 1/ 1 >