ケータイ小説 野いちご

影を拾った太陽

協力
叶斗Side-

昼休み。


いつものように空き教室で綾瀬が来るのを待った。



昨日、しっかり弁当作ってこいと命令しておいたから作って来ているはずだ。




しかし、焦ったな。
突然、綾瀬が俺の服の裾を掴んで「一緒にいたい」とか言うから。マジで我を忘れそうになった。



上目遣いで俺を見上げる綾瀬が可愛すぎて、思わずその肌に触れそうになった。




って、今思い出しただけでも結構ヤバいな。



あいつが来る前にちゃんと、気持ちを抑えておかねぇと。




いつもなら、そろそろ来るはずだけど。



ガラガラ



「やっと来たか。遅ぇ……よ」



教室のドアが開く音がして、そう言いながら音のした方を見た。



でも、そこにいたのは綾瀬じゃなくて、藤宮だった。





何で、ここに藤宮がいるんだ?




「光凛なら来ないよ。それより見て。桐ヶ谷くんのために、お弁当作ってきたんだよ!食べてくれるよね?」



上目遣いで言う藤宮の姿は確かに可愛くて、世の中の男子ならイチコロだろう。




< 51/ 152 >