ケータイ小説 野いちご

歴史オタクの勉強会!!

大正時代〜昭和時代

「あれ?上杉じゃないか!久しぶりだなぁ」

そう伊達先生に話しかけられた場所は、墓地だった。

今日は家族と一緒にお墓参りに来ている。お墓参りは、行きたい時に行くのがいいと母さんが言っていたからだ。

「伊達先生もお墓参りですか?」

俺が訊ねると、「そうだ。おじいさんのな」と伊達先生は言う。

「先生のおじいさんは、戦争で亡くなったんだ。特攻隊として戦争に行かされてね…」

ドクン、と俺の心臓が嫌な音を立てる。戦争……人が人を殺す残酷な行為だ。

「上杉、大丈夫か?」

伊達先生が心配そうな顔をする。

「顔色、悪いぞ?」

重い沈黙が流れたその時、「お兄ちゃん!」と海斗が走ってきた。そして、伊達先生を見て不思議そうな顔をする。

「おじさん誰?」

伊達先生は「お兄ちゃんの学校の先生だよ!」と笑いながら言う。その笑顔を見て、俺は決意した。

「先生!第一次世界大戦と第二次世界大戦、そして大平洋戦争についてもう一度教えてください!!」

俺は戦争の話はすごく苦手だ。想像するだけで気分が悪くなる。

でも、俺は…俺たちは知らなければならないんだ。もう二度と繰り返さないためにも!

そう覚悟を決め、俺は真っ直ぐ伊達先生を見つめる。

< 33/ 41 >