ケータイ小説 野いちご

ありがと そして じゃあね

プロローグ

私はこの家族と過ごせて幸せだった
もっと一緒に過ごしたかったな
もっと生きたかった

でも…

< 3/ 86 >